運営者情報

LINEで送る
Pocket

運営者情報

 

運営者: きらり

メールアドレス:  info★atopy-kirari9.jp  (←★を@にかえてください。)

※お問い合わせはこのページの下のフォームからお願いいたします。

性別:女性Sketch166155920

生まれた年:1979年

好きな食べ物:はちみつとバターで食べるパンケーキ

性格:負けず嫌い・めんどくさがり(と思っていたけどアトピー治ったらそうでもないかも)

趣味:読書・簡単なモノ書き・落書き・ネットサーフィン・WEB制作

最近は美容情報集め

その他: 猫好きだけど猫アレルギー

 

経歴

1歳半の時にアトピー性皮膚炎を発症。

以後ステロイド軟膏での治療を続ける。
幼少期は常に首、手足の関節、背中、耳に症状が出ていた。
高校卒業まで、ステロイド治療を延々と続ける。

 

大学進学し、19歳の時、田舎のキャンパス近くに下宿したときに、
人生で初めてアトピーの症状が消える。
しかし、再発。

22歳で就職し、働き始めても、首と手足の関節を中心に症状は継続。
都度ステロイド軟膏での治療を続ける。

 

27歳のときにステロイドが効かなくなり、
効かないなら塗らなくても同じ!と、自己判断でステロイドを止めたところ
全身に、壮絶なステロイドリバウンドを引き起こす。

全身黄色い浸出液で日中は着替えを持って仕事に行き、
夜にはかゆみで明け方5時まで眠れず、
夜間の浸出液もひどいため、布団に毎晩シミができる、

 

 

昼間も意識が朦朧とするほどのかゆみと睡眠不足に悩まされるも、
1人暮らしで生活費を稼ぐ必要があるため、仕事を継続しながら、
なんとかしなければと漢方治療の医師の元、漢方の煎じ薬とステロイド塗り薬で治療。
全身の浸出液は止まり、ある程度の症状は治まるも、
全身に症状が残る状況が続き、

QOLの低い生活が続く。

 

ステロイドの恐ろしさを知り、
ステロイドを使わない治療・体質改善法を求めて
食事療法、温熱療法、サプリメントをはじめ、各種アトピーの治療法を調べ、
症状は緩和と悪化を繰り返しながらも改善。

 

大人のアトピーの改善方法に自分なりの答えを見出し、

36歳で完治。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

携帯電話のメールアドレスですと、お返事ができないことがあります。
PCのメールアドレスを入力してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

免責事項

  • 当サイトの情報は無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
  • 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。
  • 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
LINEで送る
Pocket

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。