アトピーが出る人は生き方そのものを考える必要がある

LINEで送る
Pocket

私のアトピーは1歳からで、
アトピーのピークは大人になってからでした。

20代半ばからは、本当に悲惨な全身アトピーを経験しました。

女子として、一番若くてきれいなはずの時期を、ボロボロの肌とコンディションで生きてきた。
ファッションも思い通りに楽しめないし、メイクをしても顔がかゆくて仕方がなかった。

決して自分に自信が持てる状態ではありませんでした。

 

毎日がかゆい。すっきり眠れたためしがない。
睡眠不足で毎日のルーティーンをこなすだけ。

 

もともと負けず嫌いの性格が高じて、アトピーがひどくても働き続け、
ボロボロの肌と心でも、日常にしがみつきながら、アトピーをねじ伏せようと必死になっていました。

心も体も余裕のない人生でした

そんな毎日をずっと繰り返してきました。

 

今、アトピーが完治してから、
過去を振り返った時、何もない気がして仕方がありませんでした。

若くて楽しい時期がアトピーとの闘いで終わってしまった、
そんな気持ちになってしまいました。
人生、アトピーと闘うために生きているわけじゃあないですよね。本当は。

もっとたくさん、楽しむこと、やりがい、いろいろあっていいはずだったのにね。

 

お肌と心

嬉しいことがあった時、恋をしている時、女性は肌がきれいになる。
お肌とメンタルは密接に関係している

肌は心の状態を表す。

そんな話を聞いたことがありませんか。

美容雑誌に書かれていた言葉です。

肌がボロボロだった私には、はっきり言って縁遠い話じゃないかと思っていました。

 

でも、これは本当です。
大人の重傷アトピーだってお肌のお話。
ストレスと密接に関係しています。

アトピーも、心のストレスを解消することで、劇的に改善することがあります。

 

私は、いつも毎日に不満を持っていました。

特に、仕事環境に対しての不満はとっても大きかった。

仕事の内容が、上司が、本当にイヤで仕方なかったのに、

休むことが怖くて、寝不足でもかゆくても痛くても働き続けました。

 

休んで、役立たずと思われるのが嫌で、ずっと働いていただけでした。

 

それは、小さい頃から汚いと言われ続けてきたことによる、自信のなさが根本にありました。

自分は働かなければ存在価値がない。

心の中で、そう思っていたんです。 (ずっと気付かなかったけど)

 

その心の余裕のなさ、義務感、自分を怠けないよう厳しく批判する心、漠然とした不安、

こうした気持ちが、私のアトピーを悪化させました。

 

しんどかったら、ちゃんと休めば良かった。

そうしたら、アトピーをこじらせてしまうこともなかったかもしれない。

 

ボロボロになりながら、転職を繰り返し、

自分の気持ちに気がついた時、

アトピー体質も、ぐんと良くなったと感じました。

同じように生活していても、多少食生活が乱れても、心の状態が良いと、アトピーが軽くなっていく。

そんな経験をしました。

 

大人のアトピーには心のストレスも無視できない要因だと私は感じています。

 

アトピーを治すのは誰?

病気を治すのはお医者さんの仕事でしょうか?
整体師や健康食品会社の仕事でしょうか。

私は違うと思います。
自分の病気は自分で治す。
病気を自分自身で診ることはとても大事です。
自らの病気にしっかりと向き合うことがとても大切だと私は感じています。
ただステロイド薬を塗って飲んで一時しのぎをして、
それだけで本当に自分は幸せになれるでしょうか。

確かに、体は一時的に楽になってるかもしれません。
でも本質は改善されていないことも多いのではないでしょうか。

 

そんな時、すぐにアトピーは再発してしまいます。

アトピーに効く何かを探し求め、
健康食品や薬をひたすら使い続ける。

そんなふうに“他人頼みの対症療法”となっていると、
解決にはつながらないのではないでしょうか。
結局それは、アトピーを単なる肌の病気としかみておらず、
本当の病気の根本を見ていないのではないでしょうか。

もし、アトピーを真剣に完治させたいと思うのであれば、
自分で自分の心を診るという感覚を少しでも感じて欲しいのです。
私はいつもいつも、
不思議だと思っていました。

皮膚科に来る患者さんに、
かかりつけ医が
「はい、ステロイド」「しっかり塗っておけばいいから。」
と言う。

患者さんは暗い表情でその薬を受け取る

次は自分の番。
同じように3分ほどの診療でステロイドをもらって、帰る。

漢方薬を飲んでも治らない。

食事にも気をつけているのに全く改善しない。

健康食品を山ほど試しているけど効果がない。

お水をたくさん飲んでも何も起こらない。

高い化粧水やジェルやクリームを買って保湿しているけど肌は悪化する一方。

何かおかしいと思いませんか?
必死になってかゆみを取り除こう
肌の傷や赤みを取り除こう。
毎日毎日努力しているはずです。

そして何かをして少し改善がされても、何かの拍子にまたアトピーが悪化をしてしまう。

そうです。

本人もお医者さんも、
アトピーという病気のうわべだけを診ていて、
その病の本質を診ていないんです。

アトピー患者の病の本質には、何一つアプローチしていないのではと思ったのです。

 

心にストレスを山ほど抱えていると、どんなに良い治療や健康法を行っても、

なかなか効果が出ないことがあります。

 

自分が何にストレスを感じているのか、

ストレスを感じる心の原因は何なのか。

他人にはなかなか分かりません。

それに気がつくのは自分です。

 

自分で気づいていくしかない。

だから、自分の心を、自分で見ていく必要があるんです。

心が、生活が、どうなっているとき、お肌がどうなるのか。

自分の心と身体の状態をつぶさに診て、解決方法を探っていくことが大切だと思います。

 

 

病気を治す人生ではなく、自分らしい人生を

私が目標としたのは、
今後、アトピーが出なくなって
ずっと快適で、こころから人生が楽しいと思えることでした。

痒くて眠れないから、傷が痛いから人生が幸せじゃないのかなぁ。
皮膚がきれいになったら幸せになるのかな。

肌がきれいになる方法をたくさんたくさん試しながら、
ねむい目かゆいまぶたをこすりながら、
いつも疑問に思っていました。

 

でも、ある日思いました。

アトピーがきれいになったら幸せになれるんじゃないんだって。

幸せだからアトピーがなくなるんだって。
アトピーが治らない、その原因は
いったい何でしょうか?

答えは人それぞれにあるとは思いますが、

一言で言えば、
“自分らしく生きること”
ができていないのだと思います。

 

はたして、アトピーがなかなか治らない人、繰り返している人は、
自分らしく生きていると言えるでしょうか。

何かを我慢していないでしょうか。

何かに怒りを持っていないでしょうか。

毎日イライラしていないでしょうか。

何かを諦めていないでしょうか。

何かいわれのない罪悪感を持っていないでしょうか。

何か自分をさげすんではいないでしょうか。

人に気を使うあまり、自分を殺して生きていないでしょうか。

何かを妥協して、望まない選択をしていないでしょうか。

ため込んで、ため込んで、どこかで無理をしていないでしょうか。

 

そんな心の状態をないがしろにして、
ただ皮膚の症状だけを追って、
薬を使ったり、各種療法にこだわっていたら
一時的には確かにアトピーがおさまることもあるでしょう。

 

でもそれで本質的に改善されるのかな。
そうやって何度も
薬やらなんたら療法を使って肌が一時的に治っても

心や体がどんどん汚れていて、
すさんでいて、重くなっていて、
冷たくなって、暗くなっているなら、

そのストレスが元になり、アトピーは必ず再発します。

そんな状態で
心が満たされないままだったら
人は本当に幸せであるとは言えない、と。

アトピーは出続けると。
その心の状態に気が付き、
自分がストレスに感じているものが何かを突き止め、
それを乗り越えることができれば、
「ああ、だから私はアトピーだったんだ。
アトピーになって良かったな。
アトピーはもう出ることはないんだな。
本当は自分は幸せになってよかったんだな。」

 

そう、自分の人生をマイナスにひっぱっていたことが何なのかに気づけて、
そこから脱出すれば、

その瞬間に、もうアトピーは出なくなりました。

出ても、すぐ引っ込めることができるようにもなりました。
かゆいと心が荒むけれど、荒む心だと余計にアトピーも悪化します。

この悪循環は、なんとかして断ち切りたいものです。

 

どうか、自分の気持ちにも目を向けていただければと。

 

そうすることで、大人のアトピーの回復は早くなる、そう私は思っています。

 

 

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。