洗濯機の汚れとアトピー・カビ対策洗濯槽クリーナーの落とし穴

LINEで送る
Pocket

洗濯機の汚れがアトピーの原因になっていることがあります。アトピーと洗濯機の汚れの関係、アトピーが悪化する要因である洗濯槽のカビの掃除、洗濯槽クリーナーの選び方、注意点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

洗濯機の汚れとアトピーの関係

洗濯機は常に水を使用していて湿度も高いため、カビが繁殖しやすい状況にあります。

洗濯機は洗濯するたびに汚れていきます。

洗剤の溶け残りや埃、衣類の糸くず、皮脂や皮膚の粉、ハウスダストやダニ、など諸々の汚れが洗濯中にとれていくのですが、それらがが完全に流れきらずに洗濯機内に残ります。

その中には雑菌が混ざっています。
洗濯機の中は湿気が多く、常に水分があるので、カビが繁殖しやすいです。
そこへ流れ切らなかった汚れが養分となり、カビが繁殖してしまいます。

 

アトピーさんの家の洗濯機は汚れやすい?

特にアトピーがひどいと、衣類にもはがれた皮膚がたくさん付着していたり、浸出液がこびりついていたりと、カビや雑菌の養分となりやすい汚れが大量に付着しています。

カビや雑菌を避けたいのに、逆にカビを発生させやすいよう栄養を菌に与えてしまうこの矛盾・・・。部屋の落屑とハウスダストの関係といい、本当に掃除洗濯には気を使いますね。

 

「無添加」洗濯せっけんの落とし穴

もしかしたら、アトピーの人で、肌に負担にならないようにと無添加の洗濯せっけんを使って洗濯機で衣類を洗っている人がいるかもしれません。

洗濯の汚れ落ちよりも、化学成分が入っていないことを重視したいとお考えかもしれないですが、残念ながらかえって洗濯機を汚して、カビ発生のリスクを高めている可能性があります。

 

無添加石けんでは石鹸カスのがたくさんできます。
石鹸カスとは、油汚れのひどいものを石けん不足の状態で洗ったときなどにできる水に溶けないベタベタした物質のことです。
これは、洗濯槽に残るとカビの栄養源ともなります。

ウール・絹洗い用の洗浄剤として使用するには申し分ないのですが、日常の衣類の洗濯に使うには、洗浄力が劣るため衣類の臭いや菌繁殖、洗濯機のカビの原因になります。

 

かなり前の話、2002年頃の報道で、大阪市立大医学部の深井和吉助教授(皮膚科)が「重度のアトピー性皮膚炎の患者宅で洗濯機が故障して新品にした途端、症状が大きく改善した臨床例があった」として、洗濯機のカビがアトピーに影響を与えることを研究し始めたそうです。
洗濯機の黒カビは、アトピーの悪化因子として認知されており、注意すべきものになっています。

洗濯機のゴムパッキン部分や、洗濯槽の汚れはアトピーに影響を与えます。

 

洗濯槽のカビがアトピー悪化の原因のことも

洗濯機の汚れの大半は、洗濯槽の裏側に付着しています。

元々湿度が高い場所ですし、洗濯が終わっても水分が残る場所なので、黒カビや雑菌が生えやすい場所なのです。
汚れた洗濯槽で洗うと、洗濯物が菌やカビに汚染されてしまいます。

洗濯槽の裏は通常目に見えない場所ですので、汚れを確認することが難しいです。
洗ったはずの洗濯ものに全体的に臭いが残っていたり、洗濯ものに黒いヨレヨレとした汚れが付着していたら間違いなく洗濯槽は汚れています。
こうして気がつくレベルだと、汚れも進行してます。

 

洗濯槽の裏側には、赤カビ、青カビ、黒カビ、コウジカビなどが付着しています。
これが洗濯ものに付着し、肌に付着すると、かゆみを引き起こします。

アトピーの人は皮脂が少なく、皮膚のバリア機能が低下しており、感染しやすい肌なので、悪化しやすいです。
カビが原因でかゆくなっていると、ステロイドを塗っても逆効果で、余計にかゆくなることがあります。
真菌薬や消毒薬のほうがかゆみが止まるケースもあります。

でも、薬をいろいろ考える前に、まずは原因の対処からですよね。

 

本当は、汚れに気がつく前に、定期的にメンテナンスをしておくのが理想です。
最近はやりのドラム式洗濯機なら、洗濯機を乾燥させたり、イオン洗浄してくれる「除菌モード」がついているものも多いです。こういう機能がついているなら、週に1回はメンテナンスをしてあげるのが理想です。
(私は忘れがちになっちゃいますけどね・・・。覚えていたらやっています。)

スポンサーリンク

洗濯機に除菌モードがついていなかったり、すでに出てしまった洗濯槽のカビを取るには専用のクリーナーを使うのが確実です。

 

洗濯槽クリーナー自体もアトピーに悪影響?

洗濯槽クリーナーは、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどで簡単に手に入りますし、どこでも目にしていると思います。

アトピーの人は、普段の洗濯洗剤でも肌がかぶれてしまう場合もあり、気を使っていることも多いと思います。
臭いがダメとか、柔軟剤入りはかゆいとか、漂白剤だとかぶれるとか、あるんじゃないでしょうか。

洗濯槽クリーナーにも、成分に違いがあります。
人によっては、洗濯槽クリーナーで症状がひどくなる場合もあるので、気をつけたいところです。

 

アトピーに悪い洗濯槽クリーナーは?

洗濯槽クリーナーは、簡単に言ってしまえば、「漂白剤」なのです。

次亜塩素酸ナトリウムが配合している塩素系漂白剤は、入れて洗濯機を回すだけで使えます。
一番簡単で安いですし、なにより強力です。プールに入っている漂白剤の強烈なニオイがしますね。
しかしアトピー肌の場合は、かぶれる場合があります。
お風呂に入る時のお湯の塩素を抜くほど気を使っている人なら、なおさら気をつける必要があります。

 

クリーナーの中には塩素を使わない製品もあります。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使用したクリーナーです。
大量の泡がシュワシュワ発生するタイプのものです。

酸素系のクリーナーのほうが、アトピー肌には刺激が少なく安心です。

 

ただ、効果を最大にして使用するには、30~40度のぬるま湯で数時間つけ置きが必要です。
少し手間がかかってしまうところがデメリットです。

とはいえ、肌への負担重視で考えたほうがいいですから、私は酸素系を選んで使うようにしています。

 

頑固なカビには各メーカーが販売している純正のクリーナーが良いようです。
かなり強力に落ちるというクチコミですが、残念なことに、たいていは塩素系です。
使うなら、とにかくすすぎをしっかり行うことが重要です。

 

クリーナーを使ったら余計に汚れが!

洗濯槽の汚れがあまりに蓄積している場合は、何回洗濯槽クリーナーで洗っても、黒いカビやヨレヨレの付着物出てくることがあります。

それどころか、洗濯槽クリーナーを使うことによって、余計に黒いカスが出て来るようになって驚くこともあります。

 

汚れの蓄積が多いと、汚れが塊となって洗濯槽の裏側にこびりついてしまいます。
洗濯槽クリーナーを使うと表面の汚れの層がはがれて出てきます。洗濯機を回すたびに、回転の勢いで汚れが少しずつはがれて洗濯機の水に混じってくるようになります。
洗っても、洗っても、黒い汚れが洗濯物につく・・・。

そんな状態の服を着れば、アトピーには余計に悪影響が出てしまいます。

 

そうなると、洗濯槽を分解してクリーニングするしか方法がありません。
お掃除業者に、洗濯槽クリーニングを依頼することになります。金額は10000~20000円前後で依頼する業者によって異なります。対応機種などもありますので業者に直接相談をして確認が必要です。

分解クリーニングができなければ、買い替えるしかありませんね。

 

できれば予防をしっかりと

定期的な洗濯槽クリーニングに加え、他に日常的にできるカビ予防にも力を入れたほうがいいですね。

・汚れた衣類や洗濯後の衣類を入れっぱなしにしない
・扉は開けて乾燥させておく
・残り湯は使わず、清潔な水で洗濯する

そして、冒頭でも話が出ましたが、
・無添加せっけん(純せっけん)は使わない
⇒カビの栄養になりやすいから
・除菌モードがある洗濯機は定期的に実施

予防も併せて行っていれば、酸素系クリーナーでも十分クリーニング効果が得られます。

 

おわりに・まとめ

・洗濯槽のカビはアトピーの原因になる。
・無添加洗濯せっけんは洗濯槽のカビを増やす可能性大。
・定期的に酸素系の洗濯槽クリーナーでメンテナンスを!

毎日着る服ですから、カビだらけなんてことがないように、気をつけたいものです。

 

 

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

↓の記事も読むとあなたの体質改善につながります。

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。