アトピーへの紫雲膏の効果と副作用って実際どうなの?

LINEで送る
Pocket

アトピーに紫雲膏を使うと効果があるのか、副作用の心配があるのか?の本当のところをお話したいと思います。使い方や肌の状態によって合う合わないがありますし、漢方の軟膏は独特ですので良く知って使う必要があります。漢方医の先生にも詳しく聞いたことがあるので情報をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

 

アトピーに使われる紫雲膏とは?

紫雲膏はかなり古い処方の、漢方の塗り薬(軟膏)です。
古くは中国の明代に合った薬で、潤肌膏と言うのがあったのですが、それをもとに日本人、華岡青洲が江戸時代に作った軟膏です。華岡青洲と言えば世界初の全身麻酔を開発したお医者さんです。日本製の軟膏なんですね。
紫雲膏は漢方の軟膏としてはかなり有名なものになります。アトピーにも効くとあちこちで見かけますし、漢方薬局でも勧められることがあります。
実際にメーカーが記載している効能効果は、
ひび、あかぎれ、しもやけ、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、かぶれ、あせも
元々はやけどの特効薬として古くから利用されてきた歴史があります。
それがなんでアトピーに使われるかと言えば、皮膚の修復・保護効果に期待が持てるからというところでしょう。

 

紫雲膏の成分

胡麻油(ゴマユ)
紫根(シコン)
当帰(トウキ)
黄蝋(オウロウ。蜜蝋のこと)
豚脂(トンシ)
この配合はメーカーによって微妙に異なりますが、だいたい同じです。
作り方は、
ごま油を煮て蜜蝋、豚脂を溶かし、当帰を入れてこげる前に取り出します。
しばらくして紫根を入れます。
少したったら引き上げ、容器に入れて冷やしておくと出来上がるそうです。
当帰や紫根は、化粧水にも配合されていることがありますね。
以前テレビで、美魔女なる方が、シミ改善と美白の効果が高いと紫根エキス入りの化粧水を自作して付けていると話題になりました。
紫根の漢方的な効能は、涼血活血、解毒透疹
炎症を抑え血流を改善し、また疹毒の排泄を促して、回復を早める働きがあるとされています。
当帰は血行を良くする漢方の生薬です。
血の循環を活性化する作用を持ち、鎮痛、鎮静、強壮などに効果があるとされています。
紫雲膏の色は少し紫がかった赤色です。臭いはそのまんま「ラード」と「ごま油」の臭いがします。

 

アトピーに使える紫雲膏を出しているメーカー

松浦漢方
山本漢方
小太郎漢方製薬
アルフレッサファーマ
ウチダ和漢薬
クラシエ
漢方製薬メーカーで多く作られています。

あと、小林製薬の「アピトベール」も製品名が違うだけで紫雲膏です。

 

ちなみに、健康保険は適用はされません。メインは大き目のドラッグストアか漢方薬局で購入することになります。

一部医師の資格を持った漢方医に処方されることもありますが、その場合も保険適用はなく、自費購入となります。

チューブに入っているタイプと、プラスチックの容器に入ったタイプがあります。
軟膏としては固めのテクスチャーですので、チューブは少々使いにくいのがデメリットですが、量の調整がしやすいし衛生面で優れているので、チューブタイプがいいと個人的には思います。蓋つき容器の場合はスパチュラを使いましょう。
あと、同じ紫雲膏でもメーカーによって質の差があると思いますので、きれいな赤色の新しいものを選ぶようにしたいところです。
臭いがキツイものは、油が酸化していることもあるので注意が必要です。

 

アトピーへの紫雲膏の使い方

患部に塗るだけです。
ミツロウと豚脂でできているので、寒いと固まりやすいです。チューブや容器ごとぬるま湯につけて、軟らかくしてから使うと扱いやすいです。
軟膏を落とす場合は、お湯だけではなかなか落ちません。石鹸でも洗浄力があるものでないときれいに落ちません。
きれいに落としたい場合は、オリーブ油やホホバオイル、クレンジング剤を使う方法があります。
石鹸やクレンジングで無理に落とそうとすると、却って皮膚の保湿因子を奪いかねないので、オイルで軟膏をなじませ、その後にぬるま湯で洗い流し、さらに石鹸で洗うようにするなど工夫が必要です。

 

紫雲膏の塗り方

ひじの内側(片方)で小豆1粒大程度が適量になります。
患部にのせて、指で広げるようにして塗ります。擦り込む必要はありません。塗って患部を覆う感じです。
ベタベタしますし、服についたりします。あと、鮮やかな赤色が肌に残ります。
服につかないようにしたい場合、色が気になる場合は、塗った上からガーゼなどで覆って使います。

 

紫雲膏は顔のアトピーに塗っても良い?

顔にも使えます。ステロイドのように、皮膚の場所によって吸収される量の心配などは必要ないとされています。
目の周りにも使用できます。ただし、ごま油やミツロウ、豚脂などの油分が目に入ると少々痛いですのであまり目の際までは塗らないほうがいいと思います。
顔に使う場合の注意点は、日焼けです。顔などに塗った状態で強い紫外線に当たってしまうと、日焼けしてしまいます。
これは副作用でもなんでもなく、油の性質です。サンオイルを塗ったようになるので、塗ったところだけよく焼けたりするので注意が必要です。

 

アトピーに対する紫雲膏の効果は?

さて、肝心のアトピーに対する効果です。

当たり前ですが、作用は極めて穏やかです。間違ってもステロイドやプロトピックのように、塗ったらすぐに炎症や落屑が消えるようなものではありません。
一番わかりやすいのは、小林製薬のアピトベールに書かれている説明ですので、そのまま引用します。

 

かゆみを伴う皮膚の炎症を抑えるとともに、患部を守りながら皮膚の再生を促進し、傷ついた皮膚をなめらかにととのえていきます。
皮膚のうるおいを守りながら炎症を鎮めるので、何度も繰り返す湿疹・皮膚炎をひどくなる前に治します
症状が軽い場合や肌が敏感な部分へ使用し、おだやかな効き目で、炎症を鎮めます。

本当に、ここに書かれている通りです。
かゆみと炎症を抑えると書かれていますが、症状が軽い場合に限ります。

どちらかというと、アトピーが悪化した場合ではなく、かなり初期の軽度のアトピー、もしくは敏感肌レベルで、症状が軽く、少し赤みがかってカサカサ乾燥している状態に使用するのが一般的なのです。かゆみもそれほど強くない状態に効果的とされています。
当帰という生薬が血行を良くし、紫根が炎症を改善し、ミツロウなどのこってりした油分で患部をがっちり保護する処方なので、この機能が生きる症状ではないとダメなんです。

 

アトピーで炎症がひどい場合、ジュクジュクしたり浸出液がひどい、ただれた皮膚の場合には、紫雲膏は処方されません。油分が重たすぎて、患部に塗っても流れてしまいます。
紫雲膏はごま油やミツロウが主体で水分を吸収してくる素材が入っていません。だから患部が渇いていないと上手く皮膚についてくれさえしないのです。
そのため、亜鉛華軟膏などをつけた後に紫雲膏をつけたり、亜鉛華軟膏と紫雲膏を混ぜて塗るなど工夫が必要になります。亜鉛華軟膏に水分を吸わせるんですね。
殺菌とか抗炎症作用といっても、紫雲膏の作用はそんなに強くないと言われています。
もっとひどいアトピーの患部には、太乙膏や中黄膏を使うように言われます。
効果は摘要される症状が限定されてますので、ご自身の症状に合ったときにのみ使用してください。
そうでなければ、逆に悪化したり、副作用が出ることもあります。

 

紫雲膏がアトピーに及ぼす副作用

さて、紫雲膏を塗ってアトピーが悪くなることもあります。副作用もあります。
添付文書に書かれているのは、
発疹・発赤、かゆみです。
漢方だから副作用がないというわけではありません。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談する必要があります。

 

アトピーに紫雲膏塗ったらかゆみが増す?!

赤くなっていて痒みがひどい時に紫雲膏を使うと、確実にかゆみがひどくなります。
当帰の働きは、患部に血を集めて皮膚の損傷を治そうとするものです。血流増加により、患部を暖める作用もあります。
カサカサで荒れた状態だけなら、温めて血行を良くすれば治りが促進されますが、痒みが強く、患部が熱を持って、赤く盛り上がっているような場合は、炎症に油を注ぐようなもので、確実に悪化します。

繰り返しになりますが、炎症が軽い場合にしか使えませんのでご注意を。

 

アトピーが紫雲膏で悪化した!

他にも、単純に、紫雲膏に対して接触性皮膚炎を起こしてしまう場合もあります。
胡麻油・紫根・当帰・蜜蝋・豚脂のどれかに接触性皮膚炎を起こし、肌に合わない場合には、アトピーは悪化します。

紫根とごま油は実際にかぶれを起こした事例があるようです。
接触性皮膚炎(Ⅳ型アレルギー)は、血液検査ではわからず、肌に触れて症状が出て始めてわかります。塗ってかゆみや炎症がひどくなったと思ったら、すぐに使用を中止する必要があります。
厄介なことに、紫雲膏は赤紫色が鮮やかなので、塗ったあとに肌の赤みが出ても気づきにくいです。かゆみが悪化すれば気がつくと思います。何か変化があったらすぐに使用を中止しましょう。パッチテストしてから使うのが無難です。
また、紫雲膏は洗い流すのが大変です。服についてもなかなか落ちないですし、肌についたものを洗い流すのにも苦労するくらいべっとりと皮膚につきます。感覚としてはリップクリームや口紅レベルのべったり感です。
肌についた紫雲膏を落とそうと、ゴシゴシ洗ったり、石鹸で何度も洗浄を繰り返すことにより、却ってアトピー肌を傷めることもあるので注意が必要です。

 

おわりに・まとめ

・紫雲膏は初期の軽度の乾燥性アトピーに限って、穏やかな効果あり
・効果の主なものは、血行促進と肌の保護作用
・炎症が強い場合は塗ると却ってかゆくなる
・ジュクジュクしたアトピーには使えない
漢方薬は、西洋医学とは異なった発展の仕方をした薬剤です。臨床的に効く効かないの情報が積み上げられたものなので、科学的に解明されていない点が多いです。研究も学術論文も検証できるほどありません。そのため専門知識と豊富な経験を持った漢方医に処方をしてもらうのがいいです。個人で買う場合も適用症状を良く見極めて使う必要があります。
個人的にも買ってみたことがありますが、体に使えば服にべっとり赤い油分がついて洗濯が大変ですし、顔の油やけも気になるため、積極的には使いたくない感じでした。働きながらだと平日の使用は難しい・・・。保湿力はものすごいんですが、ちょっと使い勝手が悪いかなって感じですね。
アトピーに関しては、治療に劇的効果を出すものではなく、予防や保湿目的レベルだと思います。(ましてステロイドやプロトピックの代わりにはなりません)
乾燥性敏感肌で愛好者もいるようなので、症状が合う人はパッチテストしたうえで使うといいと思います。

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。