耳切れアトピーの保育園児

LINEで送る
Pocket

アトピーは1歳から発症、その後、体のあちこちに症状が出るようになりました。2歳から5歳頃のアトピーの状況を綴ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

耳切れ・四肢関節・背中にアトピーが

わたしの幼少期の記憶は、3歳くらいからあります。

当時の記憶として、すっごいかゆかったのを覚えています。

特にこのころは、耳切れがひどかったです。
耳切れって、耳の下の部分に皮膚炎の症状が出るんです。アトピーの一種の場合もありますし、アトピーでなくても耳切れだけ起こることもあります。

私の場合は、黄色い汁がジュクジュクしていて、かさぶたになっていて、白く皮むけもあるっていう、なかなかヘビーな状況でした。
かゆい上に痛い記憶があります。

 

もっとかゆかったのは、腕と足の関節部分に出ていたアトピー。
あと、背中が全体的にかゆかった。

背中がかゆいのって、子供としては我慢できないのです。でも手が届かないから、ずっとムズムズ。
なので、家の壁に背中をこすりつけて、掻いてました!

 

土壁が最高。(笑)

 

服をめくり上げて、背中を直に壁へ(笑) ゾリゾリとこすりつけて掻くんです。

皮膚の粉が床に落ちるし、背中も壁も血だらけになるのですが、かゆいのでやめられない。

それを父親がやめなさーいって止めるのが毎朝の光景。

でも 父親が壁から引っぺがさないと止めない(笑)
そんなかゆがる私に、耳、手足、背中にステロイドを塗って。
それから保育園に行くという毎日でした。

 

大っきらいな保育園

母親が仕事をしていたので、私は毎日保育園に預けられていたのですが、
保育園が嫌いで嫌いで、泣きじゃくっていたのを今も覚えています。

 

騒がしいんですよ。保育園て。自分のペースで遊んだりボーっとしたりできない。
家族はいないし、広い保育園で、漠然と不安で不安で・・・。
子供ながらに、すんごいストレス感じていたんだと思います。

今思っても、嫌な記憶しかありません。

 

まあ、嫌だ嫌だと泣き叫ぶ自分が一番騒がしかったと思いますが(笑)

かゆくて眠りも浅いもんで、毎朝寝起きも悪く、
叩き起こされて、親の出勤時間までに保育園へ入れられるんですが
大声で泣きまくる
という毎日をエンドレスで繰り返していました。

 

アトピーは出ている部分と出ていない部分がはっきりしていました。
なので、ひどくなってきたら、かゆいところだけステロイドを塗る。
少し良くなって、またひどくなったらステロイドを塗るの繰り返しでしたね。

ずっと症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す状態でした。

 

皮膚科も小児科も、このころの治療と言えばステロイド一色。

強さはどのくらいだったんでしょうね。ステロイドの薬剤名は親も私も記憶がないです。

ひたすら、ひたすら、ステロイド塗ってました。

便秘体質も絶賛継続中でした。

 

まとめ

・1歳から5歳は耳切れと手足と背中がアトピー
・治療法はひたすらステロイドだった

・睡眠不足と保育園ストレスがひどかった

不機嫌な幼児でしたね・・・。楽しい記憶もあるような、ないような。親から聞くのも泣きわめいてた過去だけなんです。なんてこった。

アルバム見てたら、わらっている写真もあるんですけどね。記憶って曖昧かも。

 

 

補足

耳切れってアトピーの場合もあれば、アトピー体質でなくても「かぶれ」によりおきるので、子供の場合はきれいに洗うことで防げるようですね。
汗、寝ているときにつくよだれや涙、皮脂、シャンプーや石鹸が肌に残ってしまう。
単純にあまり洗っていない。

そんな状況に、着替えのときなどに服が耳に引っかかるという刺激も加わると、子供は耳切れになりやすいらしいです。
でも本当にそれだけかなぁと思います。
食生活においては、耳切れは、悪い油(トランス脂肪酸・揚げ物など酸化した油)と小麦を減らすと良くなると言われています。
(当時の私は全く食生活に制限はなく、朝は食パンと牛乳、ハンバーグ大好きな幼児でした・・・。)

 

もし耳切れだけの症状だったら、アトピーではなく、単なるかぶれの可能性もあるので、見極めが大事でしょうね。

 

では、まだまだ続きます。

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。