アトピーは掻いたら治らないっていうけど

LINEで送る
Pocket

アトピーは掻いたら治らないといわれることがありませんか?私はそうは思いません。それよりどうやって掻くかのほうが大切です。

スポンサーリンク

 

アトピーは掻いたら治らないって

 

アトピーじゃない人や、お医者さんがよく言う言葉に、

「掻いたら治らない!」
「掻くから悪化する!」

というのがあります。

アトピーの人間からしたら、いい加減にしてほしいと思いませんかー。

アトピーは我慢できるレベルのかゆみではないんです。

お前ら経験してないからわからないんだ!!わかりもしないのにきれい事ばっかり言うなっ!!

と心の中でずーっと叫んでますけど、言っても結局わからないだろうな・・・。って思っての繰り返しですが。

 

確かに、皮膚を引っ掻いて肌を傷つけると、傷つけた部位からかゆみの成分が出るので、余計にかゆくなる、という理屈は医者から聞いて分かります。

だから、我慢しようと思います。

でもね、出来ないですよね。

ガリガリ引っ掻いて傷を作ってしまいます。

むしろ、傷で痛いほうが、かゆいよりまだましだったりします。

 

掻いたら治らない、は本当か?

断言しますが、掻いても治ります。

掻いて傷になっても、治ります。

アトピーって、治る時は、内側からどんどん治っていきます。
それこそ、どんなスキンケアをしていても、どんなに汗をかいていても、治る時は治るんです。
皮膚が厚みを増していくのがわかる。

 

一方、コンディションが悪い時は、何をしてもかゆいし、赤いし、皮がむけるんです。どんなに良いスキンケア商品を使っていても悪化します。
ちょっと擦っただけで、いとも簡単に皮膚が破れてしまいます。

 

そりゃあ、30代にもなれば、子どもの頃と同じスピードで傷が治ってくれるわけではないですが。

(年取ると傷の治り遅いよねぇ・・・)

なんか治るときと治らない時って、根本的に肌の状態が違うじゃないですか。
自分の肌の状態を長い間見てきましたが、掻いても掻かなくても、治るときは治るんです。

スポンサーリンク

ああ、皮膚って体の中から作られるんだと実感する瞬間でもあります。

 

どうやって掻くかのほうが大切

もう、かゆいのは仕方ないので、我慢できないときには掻けばいいと思います。

一応、かゆみを我慢したり、緩和させる方法もやってみて、無理なら掻けばいいと私は思っています。
⇒ かゆみの対策法

 

かゆみの対策法で楽になるレベルって、部分的だったり、炎症が表面だけにとどまっている場合だと思いますが、それなら対策をして、肌を傷つけずに過ごせたら、もちろん皮膚の再生もきれいだし、色素沈着も軽くて済みます。

皮膚の深い部分から出てくるかゆみとか、絶対と言っていいほど我慢できません。

 

アトピーを掻くときの方法は、

指で掻く

ことを徹底するのがいいです。

 

爪をきっちり短く切っておき、(この際深爪もやむなし)
爪を立てる感じで皮膚を掻いても、爪が引っかからないよう、常に指先をメンテナンスしておきます。

 

皮膚に対して掻く刺激は、

一気に強い力でひっかくより、長時間軽い力で掻くほうが、肌に対しての負担は小さくなります。つまり傷になりにくい。

かゆみのおさまり具合は同じぐらいなので、変に我慢した挙句に発作的に猛烈な勢いで掻きむしるよりは、こまめにポリポリ掻いていたほうが、傷もかゆみへのストレスも小さくてすみます。

 

絶対やらないでほしいのが、布で掻くこと。

布っだったら、尖っていないので傷にならないと思いきや、そんなことはありません。
指だったら指先と患部の接地部分だけで済むのが、布やタオルでごしごし掻くと、面で皮膚を削り取ってしまことになり、ダメージを受ける面積は大きくなります。
擦り傷ができると、治りも遅いし、痛みもひどいです。

あ、タワシとかブラシとか論外ですよ。

 

指で掻きましょう。本当に、これが一番です。

 

 

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

↓の記事も読むとあなたの体質改善につながります。

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。