胸や乳首のアトピーがひどい(涙)私はこう対策し改善させた。

LINEで送る
Pocket

胸や乳首のアトピーでジュクジュクになった時の対処法と改善方法で、私が「これはよかった」と感じたものをピックアップしてまとめてみました。
悩む人は多いのに、情報は少ないです。部位が部位だけにデリケートな問題なんでしょうかね。

スポンサーリンク

乳頭の痒みがひどいアトピー症状

乳首がとてもかゆく、じゅくじゅくしていて、少し黄色っぽい汁が出てしまう・・・。アトピーがひどい女性にはよくあることだと思います。
よくあるって、なんでお前が知っているのだ!!という話なのですが、まずは私自身経験者(涙)。

今は再発もなしですが、全身アトピーの頃は、胸もひどかったです・・・。
そして、脱ステロイドで本を出されている深谷先生の著書にも、「多くの人が悩んでいる」と書いてあったからです。

 

胸のアトピーは、下着による圧迫や、患部が下着にこすれることでも、刺激になって悪化します。

かゆいけれど、場所が場所だけに派手に掻くこともできませんしね。

その本の記載を読んで、ああ、みんな悩んでるんだなぁ、としみじみ思った記憶があります。

 

本には、みんな、同じような対策をしていると書かれていました。

リント布を当てて、病院に来るのだそうです。
そうしないと下着に大量に汁(浸出液)がついてしまいます。
そのままガビガビに固まって。乳首が下着に張り付いて、はがすのが大変になります。

 

リント布って、薬を塗って患部にあてるための布のことで、原料は綿100%で、ネル地を片面起毛したものです。
薬局に売ってます。
難点は、ネル地って細かくけば立っているので、傷口にひっかかってしまうことですね。

 

ガーゼやティッシュを当てている人も多いですよね。
でも、ガーゼやティッシュは通気性があるものの、軟膏や浸出液も沁みだしてしまいます。
本当にひどいときは、しょっちゅうガーゼを取り換えないと、追いつかないくらい浸出液が出る場合があります。
普通にしてたら滴り落ちるってことも・・・。

 

たまに、シルクを挟むといいっていう人がいるのですが、確かに、ガビガビになってもはがしやすことは期待できます。
ただ、あくまではがしやすいだけで、たっぷり浸出液が出る場合はやっぱり固まって張り付きます。
過度に期待は禁物

逆に人によってはシルクアレルギーというのもありますから気が抜けません。
絹でかゆくなる人って結構いるんですよね。シルクのたんぱく質にアレルギー反応を起こすのだとか。
動物性の繊維も人によっては刺激になるので大変です。

 

アトピーで胸から汁が出るときの応急処置

結局私が最終的に落ち着いた方法は、こんな感じ。

 

胸から浸出液が大量に出ている場合は、コットン100%のガーゼを重ねてふかふかの状態にして、ブラジャーの中に仕込みます。
ガーゼはできるだけ目が細かくてやわらかいものを選んでください。

 

患部には亜鉛華軟膏をたっぷり塗ります。

亜鉛華軟膏が浸出液が出る患部を乾燥させ、傷の治りを早くしてくれます。
また、傷がガーゼにくっつくのを防いでくれます。

 

ガーゼとブラジャーの間には、油紙を挟んでおくと下着に汚れが付きません。
油紙は薬局に売ってます。包帯とか売っているコーナーに行ってみてください。

もしなければ、サランラップでもいけます。

 

油紙やサランラップを仕込むと、ちょっと蒸れやすくなるので、夏は気を付けてください。
ガーゼの取り換え回数を頻繁にすることで対処してくださいね。

 

長いこと同じガーゼをあてがって放置しておくと、胸にガーゼが張り付いてしまいますよね。

その場合は、無理にはがさず、お風呂でふやかします。
ぬるめのシャワーでふやかしてあげれば、はがれやすいです。

一緒にかさぶたが剥がれることもあります。
これ、本当ははがさないほうがいいんですが、はがれちゃったらしょうがないです。

あー、また生傷になったなぁ、と思いますが、亜鉛華軟膏塗って、同じようにガーゼ当てておくといいです。

傷や炎症がましになってきたら、亜鉛華軟膏はやめて、ワセリンにしてもOKです。

 

ただ、これも個人差があって、ワセリンにしたら汁が復活することもありまして・・・。
その場合はもう少し亜鉛華軟膏で様子見になります。

 

乳首が痛いほどひどいアトピーの場合

あまりにひどくて、痛みと浸出液を伴い、毎回ガーゼをはがす時も痛くてたまらない場合は、ガーゼを取り換えずに3~4日放置する方法があります。

一切触らないことで、皮膚が形成されて、痛みと浸出液からの回復が早まります。

注意点は、一切胸を濡らしたり洗ったりしないことです。

 

この方法も、体の回復力や免疫力がある人には効果的ですが、そうでない人は失敗することもあります
嫌な臭いがして来たら即刻中止すること。菌感染や膿が出るケースもありますので、注意してくださいね。

 

皮膚科や婦人科に行って薬で治す方法

皮膚科に相談すれば、お薬も処方してもらえます。
亜鉛華軟膏も一度医師にリクエストしてみてください。

 

ほかに出る薬の選択肢としては、ステロイドか抗生物質です。

ステロイドは、まぁ、アトピーと言えば必ず出ますよね。

 

乳首の皮膚は薄くて薬の吸収が良いので、お医者さんにステロイドのランクについてはしっかり説明を受けてください。

抗生物質も、皮膚科や乳腺を見てくれる婦人科で出ることがあります。

 

乳頭から分泌物が出てアトピーを悪化させる件

乳首って、リンパが多くて、乳頭から分泌物が出るケースは多いんです。
赤ちゃんに母乳をあげる乳首の出口から、母乳じゃないけど似たような分泌液が出ることは、病気じゃなくてもある症状だそうです。
(人間ドックで乳がん検診したときに婦人科の先生から聞いた)

 

乳腺が発達する思春期の女性だとか、更年期手前の女性なんかも、ホルモンのバランスが不安定になって、乳頭から分泌液が出現し、炎症を起こすことがあります。

湿疹や、ただれ、かゆみを伴います。分泌液が出現したり、腫れちゃうこともあります。

 

アトピーの症状でリンパ液が出て、さらに悪化して悪循環な場合もあるし、
乳頭の分泌液が発端で、胸のアトピーが特に悪化するケースもあります。

 

アトピーじゃない女性でも、この分泌液で蒸れが発生し、菌感染したり、かゆみがひどくなるケースも多いのだとか。
そういう場合は抗生物質の入った塗り薬が出ることもあるんですね。

 

乳頭炎・乳輪炎とアトピー

乳首、つまり乳頭や、乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪には、多くの皮脂腺があって、
たいていの人は皮脂によっていつも保護されています。

 

アトピーになって、皮脂の分泌が減少すると、皮膚が乾燥して過敏になり、炎症が起こることがあります。
ついでに細菌が入り、感染すると化膿(かのう)が起こることもあります。

 

アトピーではない場合は、乳頭炎、乳輪炎と呼ばれている症状です。

 

もし、ほかの部位にアトピーがなく、アレルギーもなく、胸の先だけピンポイントでひどい症状なら、乳頭円や乳輪炎なのかもしれませんね。

ただまぁ、乳頭炎や乳輪炎でも、対処法は同じです。
化学繊維でできた締め付けの強い下着はやめて、乳頭、乳輪を清潔に保ち、様子を見て、

皮膚科、婦人科、乳腺科の医師により塗り薬が処方されます。

 

細菌の感染があれば、抗生物質、感染がなければ、ステロイド、落ち着いたら保湿剤が定番となりますね。

抗生物質が適用になるかどうかは、お医者さんの判断になります。

 

と、ひとまずこんな対処法を実践しながら、根本的な解決に向けて取り組みましょう。

 

胸・乳首のアトピーのジュクジュクを治す!

そもそも、なんで胸や乳首のアトピーがひどくなるのかという話です。

 

一つには、胸の先端は、皮膚が薄いことと
衣服で常に摩擦にさらされる部位であることです。

 

でもそれだけじゃぁアトピーが胸に出る人、出ない人の差はすべて説明できませんよね。

もう一つの大きな原因は、リンパ液の循環が悪くなっていることです。
胸への血流やリンパの流れが悪いのは、脇のリンパ送管が詰まり起きることが多いです。

これは乳がん専門のリンパドレナージュの先生に聞いたお話。

 

もっと簡単に言うと、肩こりだの、猫背だので上半身がガチガチになっているケース。
脇のリンパの流れが滞り、胸の先端から脇への血液とリンパの流れが滞ってしまうことです。

・パソコンやスマホで肩甲骨周りが凝っている。
・運動をほとんどしない。
・下着で胸や脇を圧迫している。

 

こんな人は、胸のアトピーも悪化しやすいんです。

完全に私は当てはまっておりました。そこで編み出したのがこんな方法です。

 

胸のアトピーを改善するマッサージ

とにかく必要なのは、胸郭(きょうかく)を広げることですね。
胸を広げて、体をそらしたり、体の側面をストレッチさせる動きをするといいのです。

スポンサーリンク

手を上にあげて腕を耳に引っ付けて、体を横にそらせたときに、脇の部分が凝り固まっていると痛いものです。
無理せずストレッチしてあげてください。

 

そして、大きく深呼吸。意識して深呼吸。

腹式かどうか?とか考えなくていいです。むしろ胸いっぱいに、鳩胸か?というくらい空気を吸い込んでみる。

胸郭が固まっている人は、ピキピキ言うかも。

 

肩回りも肩甲骨のあたりから大きくぐるぐる回して、関節をやわらかくすること。

 

とにかくストレッチはこまめにやることです。

 

アトピーだと傷が痛いとかだるいとかで動くのが億劫になりがちですが、ちょいちょい、まぁ1時間に1回くらいは意識的に胸を広げて体をそらすストレッチはしてあげたほうがいいです。

 

それをやったうえで、

脇のリンパ送管を手でマッサージしてあげます。

いろいろ方法はあるのでしょうが、難しいことは考えずに、脇のくぼみに親指を入れる感じで、脇周りを自分でマッサージするといいです。
マッサージが終わったら、もう一度ストレッチすると、血液が通う感じがすると思います。
できるだけやりましょう。

 

もう一つ、肋骨マッサージもご紹介します。

自分の肋骨、わかりますよね。
肋骨の骨と骨の間のやわらかいところに指を入れて、もみほぐしてくださいな。

胸をそらして広げながら、肋骨のくぼみに人差し指から小指まで4本の指を、くぼみ一つに指1本で沿わせて、小刻みに押さえながら動かす感じ。

 

人によっては、くすぐったい。猛烈に(笑)

もしくは、痛い。

と感じます。

 

縮こまっている人ほど、刺激に敏感です。

 

でもこれ、割と即効性がありますよ。個人差はあるかもしれませんが・・・。
私は浸出液が滴り落ちてたんですが、やった日の夜と翌日は浸出液の量が減るんです。

 

寝る前とか、お風呂でとか、そんなに強くやらなくてもいいので、できる範囲でぜひやってみてください。

あとは、できるだけ日中の姿勢を良い状態で維持してくださいね。

 

前かがみになると、乳首にかゆみが集まるので、姿勢を良くして胸のかゆみをリンパとともに脇から腎臓へ送るのじゃ~というイメージを持つとわかりやすいかと思います。

 

コットンのブラジャーで胸アトピーにサヨナラ

これもありがちなのですが、締め付けの悪いブラジャーをしている女性、胸のアトピーが確実に悪化するので、ゆるゆるのものにしてください。

 

中には、ブラがきついと意識していなくても、体はキツイと感じていて、無意識にアンダーバストに隙間をつくるために胸から体を折り曲げて猫背になっちゃう人もいるんです。

特にワイヤーやゴムは、脇や乳腺リンパを締め付け、あわないキツイ肩紐もアトピーの原因にもなります。
締め付け部分にアトピーが発生している人は気にしているでしょうか、ピンポイントで胸に出るアトピーさんも、ブラジャーを変えるだけですっきりすることもあり得ます。

素材は化学繊維は避けて、綿・絹・麻で肌に合うものを選べばOKです。
とにかく素材よりも問題が大きいのは締め付けです。

 

高い2~3万円もするシルクのゴム入りブラジャーより、着古してゴムが伸びきったヨレヨレのコットンブラのほうがいいのです。

 

綿100%ブラジャーでアトピーに最高におすすめなのがコレ

綿100%のブラジャーで、ゴムも緩いものが私のセレクトだったのですが、いろいろ探して、ものすごくよかったのが、

・空気ブラ

です。

綿100%のブラジャーでも、なかなかゴムまで仕込まれていないものってないですよね。
私は空気ブラに出会うまでは、コットンブラでもアンダーのゴムを切って使ってました。
でもそうすると、単純にヨレヨレに・・・。
浸出液対策のガーゼがぽたっと床に落ちるのを気にして気が気ではありませんでした。
テープで肌にガーゼ止めるとかぶれるしねぇ。

 

空気ブラは、ゴムなし、ワイヤーなし。金属やプラスチックのホックもない。
ブラを構成する素材パーツが、すべて綿。

正真正銘100%。のコットンブラなのです。

肩紐も完全に綿の紐でできていて、フロントの胸の真ん中で蝶結びすることでサイズ調整ができるんでホールドしてくれる。

 

空気ブラという名前の通り、着心地は、まるで何も着ていないかのようで、体に負担がありません。

 

さらに素晴らしいのは、シルエットの美しさです。
もう、コットン100%のブラって、例外なくスポーツブラで、小学生かおばさん仕様になってしまうのですが、

背中がぐっと空いて、女らしいブラの形と、調節紐を結んでできる蝶結びがこれまた女性らしくて綺麗なんです。

 

アトピーが治ってからも使い続けられるデザインです。

肌がぐっちゃぐちゃの時って、美しさになんてほとほとご縁がないと思っておりましたが、
下着としてのシルエットがいい感じなのです。

綺麗なものをつけられるって、ちょっとだけれど、うれしい。

つらくても少し心が上向きます。

 

空気ブラは楽天で買えます。

 

実は直営店で通販もしていて直営のほうが生地の種類がいろいろあるのですが、
藍染とか草木染とか、天然染系統が多いんです。
おしゃれですが、染め物って結構皮膚に刺激も強いので、アトピーだと逆にかぶれることが多いので、
あんまり個性的な染色素材は避けたかったんです。

このあたりは人によるかなーとは思いますが・・・。

私が手に入れたのは、白と生成りです。

カラーはあと、ピンク、パープル、オレンジもあります。

 

 

空気ブラ、すごく良いんだけれど、アトピーですぐ汚してしまうので、洗い替えも買いたい。

直営も楽天も定価販売でお値段は同じ。安売りはしてくれないんですよね。
楽天はメール便で送料が140円とか無料の場合があるので、その分ちょっと安いってのが一つ。

 

 

 

もう一つ、楽天でなら、安く購入する手段があったのでついでにお話ししておきます。

 

空気ブラを発見した当時は、貯金をしなきゃと真剣に考えていた時期で、どうしても安く空気ブラがほしくて、

いろいろ考えた末、楽天カードを作り、高額ポイント還元を受けて空気ブラを買ったのでした。

 

楽天カードを作ると5000ポイントを還元してくれるんです。それでだいぶ助かりました。ポイントの還元額は変わることがあるので、

今どうなのかはリンク先で確認してください。
⇒ 楽天カード

まぁ、これは裏技かつ余談って感じです。
とにかく、締め付けは厳禁ってことで、体をいたわってあげてくださいね。

 

おわりに・まとめ

・胸のアトピーでジュクジュクになっちゃったら、ひとまず軟膏とガーゼで手当て。
・ストレッチとマッサージで胸のリンパを流す
・コットン100%(ゴムなし金具なし)の締め付けないブラを探す

胸のアトピー、楽になるといいですね。よくなりますように。

 

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

↓の記事も読むとあなたの体質改善につながります。

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。