新たに転職するために

LINEで送る
Pocket

アトピーを理由に理不尽にも給料を下げられた私。漢方とステロイド治療で体を立て直しながら、ブラック企業から抜け出す決意をします。

スポンサーリンク

 

早く治したい!漢方の次の治療ステップへ

給料を減らされ、仕事は減らず、ブラック企業で働く毎日。

毎朝版、漢方薬の煎じ薬を飲んで、ステロイドを塗って過ごすうちに、症状はだんだん改善していきました。

お医者さんには2週間から4週間に一度の通院。
通う度に生薬の処方は変わりました。味は相変わらずまずいのですが、手ごたえがありました。
久々のステロイドも効いているように感じていました。

 

会社から給料を減らされたショックから、私はこの時、人生で最高潮に、「早くアトピーを完治させたい!!」という気持ちになっていました。

私:「先生、私、アトピーを早く確実に治したいんです。どうやったら上手く治りますか?今できることは他にないですか?」

医者:「ああ、元気になってきましたね。」

私:「はい。おかげ様でかゆくても寝れるようになってきました! 仕事のこともあるし、もっと早く治したいんです。」

医者:「そうですか、では、食事に気をつけるようにしてくださいね。できるだけ添加物が入っていないものを食べてください。そして、よく噛んで腹八分にすることです。体質に関わらず、甘いものと油を大量に使った食べ物はやめて見てください。あと、コーヒーも控えて

私:「わかりました!!!」

 

食を変えたい、でもやめられないもの・・・

お医者さんのアドバイスを受け、私は帰りに本屋でアトピーを治す食事について書かれている本を数冊購入しました。
マクロビ、薬膳、甲田式。
いろんな方法がありましたが、体の解毒には、野菜を多く取る必要があるというのが全ての本の見解でした。
お水もしっかり摂ること
できれば玄米を食べること。

そして、どの本にも、悪い油(トランス脂肪酸、酸化した油)は控えるように書かれていました。

同じく、砂糖、とくに白砂糖はアトピーにはNGとなっていました。

 

そのころの私の食生活は、ストレスを解消するために、会社でもチョコや甘いお菓子を食べ、コーヒーを飲み、昼食はコンビニで適当なものを食べていました。

 

ここから改善か・・・。

 

とにかく、悪いものを体に入れないようにするため、昼食は自分で作って会社に持っていくことにしました。

といっても、自宅でご飯を炊いて、おにぎりを作り、冷凍保存して、朝解凍して持っていくというもの。
おにぎりの具天然の梅干しにしたり、しらすと青菜を炒めたものを混ぜ込んだりして、バリエーション豊富にし、休みの日に大量に作っておくのです。

 

夜は家でご飯を炊き、野菜を蒸して食べるようにしました。
玄米を通販で買って、玄米の炊ける炊飯器も買って、夜だけは玄米を食べるようにしたりと、着々と食を変えて行きました。

忙しさにかまけて、あまり本格的な食事療法はできないのですが、それでもマシだと思いました。

 

しかし、甘いものだけが、どうしてもやめられない。

仕事中には、どうしてもお菓子に手が伸びてしまいます。
目の前にあるから食べてしまうのだ!!と絶対にストックを置かないようにしてみましたが・・・。

フラフラとコンビニに入って買ってしまうのです・・・。

なんて意思が弱いんだろう・・・と自己嫌悪しながらも、忙しいとつい口に何か入れてしまうのです。
喉飴なんて最高に都合がいいアイテムで、喉飴なので体によさそう!などという言い訳が頭の中で聞こえて、つい食べてしまうのです。

 

食事を改善したせいか、体の反応が、食べた物によっても異なることが体感できました。

 

甘いものを食べると、1時間以内に、かなり激しいかゆみが発作的に起こることがわかりました。

引っ掻かずにはいられない、我慢できないかゆさです。

でも、そうなるとわかっていても、やめられない日々が続きました。

 

 

並行して転職活動を開始!!

漢方、ステロイド、食事、と改善策を取りながら、転職活動を開始しました。

今度こそは、絶対に失敗しない。
自分に合った仕事で、そこそこの規模で、休みもきちんと取れるところに入るぞ!と心に決めました。

そうはいっても、情報もないし、自分を売り込むのは苦手でした。どんな仕事に自分が合っているのかもわからない。何が足りないのかもわからない。

そして、アトピーを理由に会社を辞めたことを、そのまま伝えていいのか?という疑問にも明確な答えが欲しかった。
見た目にまだアトピーだらけなのはわかるレベルだったので、何か対策は必要なのか?(なにしろ専務にキタナイと言われたので気にしている)

これは一人ではだめだ、とインターネットでいろいろ求職情報を探す中、転職紹介サイトで、転職コンサルタントに相談するというサービスがあることを知りました。

そこへ、登録し、面接して一緒に会社を探してもらうことにしました。

 

アトピーが、じりじり改善することによって、やる気もだんだん出てきました。

 

 

続く ⇒ 2回目の転職大作戦へ

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。