アトピーからの解放!奇跡の大学生活

LINEで送る
Pocket

さて、1歳から高校卒業までアトピーは出続けていた私ですが、大学時代はどうなったでしょうか。

スポンサーリンク

一人暮らしと大学生活

大学に合格した私。どうにか現役合格。受験のストレスから解放され、アトピーは快方へ向かいました。受験から大学入学までの間に漢方薬もやめ、ステロイドも毎日は塗らなくてよい状態にまでなりました。ときどきぶり返した時には手持ちのステロイド(リンデロンVG)を塗るくらい。このステロイドも漢方のお医者さんで処方されたものの残りをチビチビ使っていました。
大学のキャンパスが実家から遠かったので、私は初めて実家を離れて一人暮らしをすることになりました。

大学は、かなり田舎にありまして・・・。実家のある地域のほうが都会でした。

本当はもっと都会で遊びたかったんですが、希望した大学の文学部はド田舎の校舎ということで、私の下宿も大学キャンパスの傍へ。

駅の改札も無人というさびれっぷり。田んぼや畑が広がり、夜はカエルがゲコゲコ鳴いてる。
緑が多くて空気はうまい。そんな場所。

明け方には霧が立ち込めることもあり、そんな風景も初めての体験でした。

 

なくなったアトピーの症状

慣れない1人暮らしやアルバイト、学生生活。新しい環境でいろいろ楽しんでいました。

スポンサーリンク

大学入学から3カ月くらいたったら、アトピーはすっかり無くなってしまいました!
炎症も傷も皮がめくれることもない。
生まれてこの方、絶対に消えたことのなかった腕の関節部分も、きれいにアトピー症状がなくなったんです。

食事は学食とコンビニ。夜更かし徹夜も当たり前。部屋だって大して掃除もしていません。
でも、ちっともかゆくないんです。体が。

これは感動でしたね。

なんでだろう。

 

空気や水がきれいな田舎だったからかもしれません。
環境は新しくても、ストレスがなかったからかもしれません。

 

とにかくアトピーは私の肌から消え去りました。

アルバイトしたお金で、服を買い、

メイクもして、髪もカラーリングして、ネイルもして、遊びまくる生活を送り始めました。

 

まとめ

・大学時代はド田舎に住み始めた
・ストレスから解放され、空気と水のよい環境にいたせいかアトピーは消失
・生活は不規則でやりたい放題

大学生活は楽しかったです。完全なる大学デビューってやつですね。

学生の本分はどこへやら。アトピーからも解放されて、遊んでいるうちに、4年間がすぎ去ってしまったのでした。

 

まあ、大学時代は奇跡の時期でした。私の肌からアトピーが自然消滅したのは、後にも先にもこの時期だけです。

その後、大人になってからは、壮絶なアトピー生活が始まるのです。

続きはこちら ⇒ 社会人になってから

 

 

 【あわせて読みたい人気の記事】 

 ★ アトピーの炎症が意外な栄養素で改善した件。

 ★ アトピーが黄色ブドウ球菌を殺菌しても完治しない理由

 ★ 肌バリアをあっという間に強くする裏アイテム

LINEで送る
Pocket

↓の記事も読むとあなたの体質改善につながります。

関連記事

このサイトについて

tきらり

きらり です。

小さい頃からずっとアトピー。大人になっても悪化の一途。

いわゆる全身ステロイドリバウンドも経験しましたが、働きながら完治させました。もう長らく、ステロイドは使っていません。


その実体験を元に、良かったこと、悪かったことを、知っておくとよいことを、みなさんにシェアしたいと思います。


ちなみに、ステロイド完全否定派ではありません。ステロイド治療も代替医療も両方の良いとこどりで、いかに私生活と治療を両立させるかがモットー。人生の中心は病気の治療じゃないよね。やりたいこと楽しむためのものだよね。

こうして公開することは想定していなかったので、全身ボロボロの時の写真は残っていないけど、ラストスパートの時はこんな感じ。


ダラダラとステロイド付けていた部分は頑固だったなぁ・・・
アトピー完治


今日も仕事から帰って、せっせとブログ更新してます。ときどき見に来てください。


【お願い】 運営者きらりは元患者の立場であり、アトピーを職業にする気持ちはありません。アトピーに関する執筆・講演等やお仕事コラボのご依頼は申し訳ありませんが全てお断りしています。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。